六興電気株式会社

企業紹介

経営の透明性を目指して

当社は2004年9月期(第63期)に委員会設置会社に移行しました。この制度は社外取締役が過半数を占める三委員会(指名委員会、報酬委員会、監査委員会)が取締役の指名、取締役の報酬の決定、および会社運営全般に対する監査を担う仕組みです。同様の仕組みを採用する企業には、実態的に社外取締役が大きな役割を果たしえない例もある中、当社は外部から優秀な人材を得て、会社法の精神に則った情報公開とコーポレート・ガバナンスの確立を目指しています。
また年4回発行される社内報には、当社にとって不利と思われる情報もあえて掲載し、社外からの信頼確保に役立てています。このほかに、金融機関および信用調査会社に対しては、資金繰りや受注・施工の状況などについての詳しい情報を年2回報告しています。取締役の総数は社外を含めて7名と少なく、全社規模で行わねばならない重要な決定もすばやく行える体制となっています。