六興電気株式会社

事業紹介

きめ細かな事前調査とリスク想定のもと、建物診断から保全計画の立案などを実施

概要と実績

オフィスビル・テナントビル、工場、共同住宅、さらには国内の米軍施設を対象に、事前の調査・シミュレーションをもとにさまざまなリスクを想定した条件出しと検証を行い、建物診断から保全計画の立案、リニューアル工事などを担当しています。多数の銀行店舗の業務用発電設備工事、数十年の長期にわたり建物の保全改修作業を請け負う工場の工事案件などを行っています。

事業の強み

小規模/リニューアル工事では、きめ細かな事前調査とリスク想定が不可欠となります。たとえば、夜間しか工事できない操業中の工場では、「生産設備の電気をいつ、どのように止めるか」「作業時間の確保のため、工場を休日にするか」など、新築物件とは違う、事前の調査・シミュレーション・判断が必要になります。さまざまなリスクを想定した条件出しと検証を行うため、事前調査に必要な多方面にわたる知識と経験が六興電気の強みです。

担当者コメント

中村 勝浩

東京第三支店 工事部長

中村 勝浩
※リニューアル専門部署
小規模/リニューアル工事では、現場のスタッフの能力や経験が工事の出来栄えを決め、次の受注に結びつきます。老朽化した建物では十分な図面が残っていない場合があり、既存設備や幹線系統の調査にかなりの時間を費やすことになりますが、そこにスタッフの経験が活きてきます。さまざまな知識と経験が必要とされる、そうした事前調査を、今後もきめ細かく丹念に積み重ね、緻密なリスク想定によるコストダウンを実現し、お客様のニーズにお応えしていきたいと考えています。