六興電気株式会社

企業紹介

六興電気のCSR活動
六興電気は、良き企業市民として社会から信頼されることが企業価値を高めることと考えており、全国の拠点で、継続的に社会貢献活動に取り組んでいます。

社会貢献

地域に密着した雇用やボランティア活動

毎年恒例の東京本社周辺の清掃活動
毎年恒例の東京本社周辺の清掃活動
全国で地域密着型の電気工事事業を展開する六興電気では、各地域で人材を採用しており、それぞれの現場では地域の出身者が数多く働いています。各地域で採用された人材は、施工管理の豊富な経験や知識を全国規模で共有化し、それぞれの地域の顧客満足度の向上を図っています。
また、六興電気ではボランティア活動にも力を入れています。東京本社では、毎年、献血と本社周辺の清掃活動を行っています。創立60周年となった2009年には全社を挙げてボランティア活動に取り組み、九州支店では、海の中道(福岡市東区)の松林で松の苗約800本の植樹とともに、砂浜の清掃も行いました。地域密着型のCSRへの取り組みが、六興電気の企業風土になっています。

障がい者の生産品を工事用部材にリサイクル

「36バインド」の改良型「36バインド3G」を製作中
「36バインド」の改良型
「36バインド3G」を製作中
六興電気は、障がい者の方の働く場づくりに取り組む社会福祉法人「太陽の家」と、工事用部材の共同開発を実施してきました。太陽の家と大手メーカーが合弁で生産するプラスチック成型品の余剰分をリサイクルするという、当社の代表執行役社長 長江洋一のアイデアから生まれたプロジェクトで、2002年にマンション工事用部材の「36バインド」として結実しました。こうした活動が、全国社会就労センター協議会 協力企業表彰の対象となり、2010年に表彰状と記念品を贈られました。

環境

住戸別梱包でゴミを削減

六興電気オリジナル通い箱
六興電気オリジナル通い箱
六興電気ではさまざまな環境対策を行っています。そのひとつが、大型マンション工事現場での資材の梱包材削減と作業の効率化を目指して取り組んだ弊社オリジナルの「通い箱」です。照明器具・配線器具・各戸盤・在来ケーブルを、「通い箱」による戸別梱包で搬入し、メーカーや代理店で梱包材(ゴミ)を一括処分することで、現場の搬入・在庫における管理業務の省力化、配線時の余剰配線防止を目指しています。